夫と離婚が決まり、子供と2人で生活をするようになりました。
養育費こそ出るものの、やはり仕事は始めなければなりません。
そこで、結婚する前はファッションデザイナーをやっていた経験もありましたから、その経験を活かすことができるのではないか?という気持ちからブティックで仕事をやっていくことにしたのでした。
できれば、自分のデザイナーとしての経験を十分に活用できればいいなという期待がありました。
しかし実際に仕事を始めてみると、そのような華やかなものは少しもありませんでした。
毎日繰り返される地味な作業に、疲れすら感じるようになってしまっていたのです。
もし自分のお店だったら、好きなようにやっていけるから、やり甲斐もあるのにな、という想像をするようになっていました。
誰だって自分のお店って持ちたいって思うものですからね。
しかし現実を見れば、開業資金など大変な金額になってしまうのです。
物件を取得したり、仕入れの費用が必要だったり、開業費なども必要ですからね。
それを考えると、バツイチの私ではとてもじゃないけれど出すことができないなと諦めモードにもなってしまいます。
それでもいつかは自分のお店を、そんな希望は捨てないで持っていました。
仲良くしている同僚が、どうしても食事に付き合って欲しいとお願いしてきたのです。
生活費のこともありますから、あまり外食をすることができないとお断りをしていたのですが、食事代は出すし聞いて欲しいことがあると言ってきました。
それならとお付き合いすることにしたのですが、そこで多額のお金くれる人の話をされてしまいました。
知り合ったお金持ちの人と契約して、お金をもらうことに成功したから自分のお店を持つために、退社する気持ちになっているって言ってきたんです。

愛人契約しちゃったのかって思ったんですが、それとはちょっと違ったものだったようです。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パトロン募集サイトBEST5
パトロン探しの達人に教わったサイト